起業家ピックアップ

業種:
養豚
現在の融資総額:
約0円
目標額:
約200,000円

カンボジア

[ 地図 | News | ブログ ]
Saranは36歳の既婚者で、学校に通う3人の子供の母親です。彼女は家族と共にカンボジアのTakeoにある田舎の村に住んでいます。彼女は2012年から商売用にアルコール飲料を作ってきました。彼女の夫は米農家をしていて、2人で一日に$21稼ぎます。 Saranはこの4人のグループのリーダーです。彼女たちを代表して、4人で分けるための6,900,000 KHRの融資をお願いしています。彼女は自分の分け前で養豚用の豚を買い、家族の暮らしの水準を上げるための追加収入を得るつもりです。 将来的にはSaranは牛を買い、新しい家を建て、子供たちが大学へ進むませたいと考えています。
翻訳者 : naoko

レンダー(貸し手)ピックアップ

が融資したのは

借り手

Heriqnaz さん

職種:農業用品

アルメニア共和国

Heriqnaz lives in Samaghar village with her husband, mother-in-law and three children. She is a farmer with many years of experience cultivating potatoes, tomatoes, cabbages and greens. The whole family works hard to organize the cultivation process in appropriate ways, ensuring stable income from the farm. Heriqnaz has now applied for this loan to ask for financial support. She plans to purchase seeds, fertilizer and supplies for renovating the greenhouse. This will be a big support for Heriqnaz's farm and she will be able to be prepared for spring work.

融資を実践した生徒さんの感想

やっと自分でも出来ることが見つかった気がしました。KIVAのシステムは、お金を貸す方にも、借りる方にもメリットがあると思います。先生やビデオの人が言うには、自分も他の国のことを知れ、他国に住んでいるような気分になれたり、他国の文化について触れることが出来ます。募金ではないので、支援を受けた人々は自立する方法や生活する方法を学べると思います。私は、過去に募金をしたことは何度もありますが、そのお金はどう使われ、誰のもとに届くのか分からなかったので、本当に役に立てているのか不安でしたが、KIVAのシステムならこの心配はないと思いました。