よくある質問 - 言葉の意味

Kivaってどう意味ですか?

Kiva(キヴァ/キーヴァ)はスワヒリ語で、「絆」や「合意」を意味します。

PayPalって何ですか?

PayPal(ペイパル)とは、オンライン決済サービス会社の名前または、決済サービスそのものを指します。現在190の国や地域でご利用でき、アカウント(口座)数は2億を超えています。アカウントはインターネットで開設できます。

PayPalのアカウントを予め開設しておくと、融資手続きの際にクレジットカードの番号を入力しないで済むので便利です。また、融資の際はクレジットカードもご利用いただけますが、お金を引き出す場合は必ずPayPalのアカウントが必要になります。

PayPalの登録や送金手数料は無料ですが、小額を引き出す際は多少の手数料がかかります。詳しくは、PayPalの日本語サイト(外部サイト)をご確認ください。
(*万一英語が表示される場合、TOPページ右上で言語選択ができますので、Japaneseに変更してください。)

なお、返済されたお金を再融資する場合、お金の引出しは不要で、融資手続きの際、その分が自動的に充当されます。

Field Partner (フィールドパートナー)って何ですか?

Kivaが提携する現地のマイクロファイナンス機関のことです。現在、Kivaのフィールドパートナーは53か国に及びます。

MFIって何ですか?

Microfinance Institution(s) の略で、マイクロファイナンス機関のことです。

Currency Exchange Loss(為替差損)って何ですか?

国境を越えて融資が行われる場合、必然的に為替リスクが伴います。フィールドパートナー(マイクロファイナンス機関)が活動する国の現地通貨は、時として、様々な理由で米ドルに対して価値を下げ、その結果Kivaへの返済に際し、フィールドパートナーがより多い現地通貨を要求されるケースも考えられます。(Kivaが運営に使用している通貨は米ドルです。)

Kivaは、フィールドパートナーが壊滅的な為替差損を引き受けないように、米ドルの価値が現地通貨より20%以上高くなった場合に限り、高騰分のカットを認めています。よって、事業主がローン全額を現地通貨で返済し終わった際、米ドルに両替しても、Kivaレンダー(貸し手=わたしたち)の当初の融資額に届かない場合、Kivaは以下のルールを設けています。

  • 為替差損が20%を超えた場合、越えた部分をレンダー(わたしたち)が引き受ける。
  • 為替差損が20%以内の場合は、全額をフィールドパートナーが引き受ける。

上記のルールに則り、事業主のプロフィールページ(オフィシャルサイト)の写真下にある「About the Loan」の欄に、各フィールドパートナーの対応策が示されています。「Currency Exchange Loss」についての表記は以下の3種類です。

  1. Covered・・・いかなる為替差損が生じても、全額フィールドパートナーが負担します。
  2. Possible・・・為替差損20%までをフィールドパートナーが負担します。(20%を超えた場合は、レンダー負担)
  3. N/A・・・現地の取り扱い通貨が米ドルなので、為替差損の心配はありません。

* 2. の場合で、レンダーへの負担が生じた場合は、事業主のプロフィールページ下部の返済スケジュール欄でお知らせします。

なお、日本円と米ドルの間にも、当然ながら為替リスクが生じます。融資時よりも返済時(引き出し時)に円高の場合は、手取り額が目減りします。もちろんその逆もありますが、為替手数料を含めてご留意ください。 よって、2. の場合、わたしたち(=日本円での融資)は、二重の為替リスクを負っていることになります。

Kiva Account (Kivaアカウント)って何ですか?

Kivaのメンバー登録をすると、あなたのKivaアカウントが作成されます。いわゆる「口座」のことです。融資したお金が戻ってきたら、あなたのKivaアカウントに入金されます。オフィシャルサイトのMy Portfolioページで確認することができます。My Portfolioの見方についてはこちらをご確認ください。

Kiva Credit (Kivaクレジット)って何ですか?

Kivaアカウントに入っているお金のことを指します。融資したお金が返済されたら、Kivaアカウントに入金されます。それがKivaクレジットです。オフィシャルサイトのMy Portfolioページの右上に総額が表示されます。

Lending Team (レンディングチーム)って何ですか?

Kivaのオフィシャルサイトでは、レンダー(貸し手)が自分でTeamを作って仲間を募ったり、既存のTeamに参加することが可能です。レンダー同士、サイト内で交流することができ、Team全体の融資件数や金額も把握できます。Kivaの輪を広めるのに有効です。オフィシャルサイトの「Community」ページでご確認いただけます。チームの作成や参加方法については、こちらをご覧ください。

2010年10月現在、14,600以上のレンディングチームが存在しています。

Kiva Card(旧Gift Certificate)って何ですか?

Kivaで融資する際に使える「ギフト券」のことです。家族や友人にプレゼントすることができます。Kivaのサイトで購入する際、E-Mailで贈るか、現物をプリントアウトして贈るかを選ぶことができます。購入は25ドル単位で、有効期限は発行から1年です。

有効期限を過ぎると、自動的にKivaへ寄付されます。オフィシャルサイトで購入される場合は、こちらのページ(外部サイト/英語)で手続きを進めてください。

なお、Kiva Japanでは、ギフト券と日本語の「融資ガイド」をセットにした「スターターキット」をご提供しています。プレゼントする際にセットで贈られると、Kivaをご存じない方や英語が苦手な方もスムーズにお手続きできます。詳しくはこちらをご覧ください。

Kiva Fellow (Kivaフェロー)って何ですか?

現地に派遣され、フィールドパートナー(提携マイクロファイナンス機関)の下でボランティアとして働く人のことをいいます。現地の状況やマイクロファイナンスの効果などについて報告しています。Kivaフェローの活動や申込み方法などは、オフィシャルサイトに掲載されています。こちら(外部サイト/英語)をご覧ください。

レポートは、Kivaのオフィシャルサイトで読むことができます。

答えが見つからない時は?

答えが見つからない場合は、みんなの広場のよくある質問への追加依頼へご投稿ください。