なつめぐ摂取inやまねこというサイトに掲載されているKiva Japanでの翻訳手順の説明を紹介します。

融資手順の説明と同じくとても分かりやすい記事です。ぜひご一読ください。

Kiva Japanの起業家プロフィールを翻訳してみる。

0.jpg

前記事Kiva Japanについて書かせて頂きましたが、Kiva Japanのプロフィール翻訳はボランティア、もしくはgoogle先生に頼っています。

前回、僕はタレクさんに融資を行いましたが、まだ目標金額に届いていません。せっかく融資をしたなら目標金額に届いて欲しいものです。

しかし、タレクさんのプロフィールはgoogle先生が翻訳したままなので、いまいち分かりづらいものです。これでは融資する人の心は動かせません。

ということで、僕は英語は苦手ですがgoogle先生が翻訳した日本語よりはまともだと思いますので、自分でボランティアに参加してプロフィールの翻訳をしてみようと思います。

それでは、翻訳の手順をご紹介します。

翻訳の考え方

正しい翻訳を行うというより、起業家の意思を伝えるという事を重視して考えようと思います。
「翻訳」というと気負ってしまいますので、あまり重く考えずに「google先生の翻訳よりましにする」。という事を第一に考えてみます。

と言っても起業家の意思に反してはいけないのでツールと想像力を駆使します。

便利な翻訳ツール

翻訳をしようと言っている割に僕は英語なんて出来ません。
しかし、サービスとツールを使えば何とかなるものです。

翻訳作業を行う際に便利なWebサイト、ツールをご紹介です。

goo辞書
gooが提供する辞書サービスで単語単位の精度の高さが良いです。
10の翻訳エンジンから一括翻訳
タイトル通り10の翻訳サービスから同時翻訳が出来ます。翻訳サービスは怪しい日本語になりがちですが、複数のサービスを比べて精度を上げる事が出来ます。
Free online translation
上記までのサービスは「日本語←→英語」がメインでしたが、frengly.comでは各国の言語を横断翻訳出来ます。
Firefox 用アドオン - FireDictionary
FireFoxを使っているのならば是非インストールしてください。ネット上の英単語にカーソルを当てるだけで瞬時に訳語がサイドバーに表示されます。使用するにはこのアドオンとGENE95 辞書もインストールして下さい。

>> 元の記事で続きを読む