Ernesto

  • 原文を読む
  • この翻訳を修正する
  • t

Ernestoは39才で、妻と3人の子どもたちと一緒に持ち家に住んでいます。子どものうち1人は高校生、あとの2人は小学生です。家のとなりに仕事場があり、そこで建設資材を売って10年以上になります。

今回Hluvukuを通じて4回目の融資を申し込んでいます。最初の融資では車を買うことができ、商品の輸送に非常に役立ちました。人生が劇的に変わったと彼は言います。今回の融資ではセメント、接着セメント、釘、木の梁、厚板、ハンマー、シャベルなどを購入し、品揃えを多様にするつもりです。

彼の最大の夢は仕事を続けられること。そして老朽化した家を改造することです。彼はまた、学校に戻りたいとも思っています。

最大の問題は、建設資材供給においてインフレが常態化し、資金が不足していることです。顧客も支払いが難しくなります。