Centre Hospitalier 3E Cbca Group

  • 原文を読む
  • この翻訳を修正する
  • t

ESPERENCEは教育を受けた看護師で、地元に薬局を持っています。さらに彼女は「CENTRE HOSPITALIER de la 3e CBCA」という看護師団体のリーダーでもあります。
仕事の後、薬局とは別の小規模ビジネスも営んでいます。それは地元では大きな店で、小規模金融機関Hekimaに融資をお願いせざるをえません。
彼女は40才の既婚者で8人の子どもがおり、みんな学生です。

今回の融資では店の在庫として、20リットル缶の植物油5個、コーンミールを5袋、100kg入りの豆4袋を買い入れようとしています。彼女は将来家を修繕し、子どもには良い教育を与えたいと思っています。
「社会的レベルがどうであっても財政的援助の手を差し伸べてくれるHekimaとそのパートナーに感謝します」
Ms. Espéranceからの言葉です。