Gs San Bartolome Group

  • 原文を読む
  • この翻訳を修正する
  • t


ルイスは37歳で既婚、3人の子供と奥さんと一緒に、IntibucaのLa Esperanza地区にある村に住んでいます。今までずっと、コーヒー農業に携わってきました。5年ほど自分のコーヒー農園で、コーヒーを育ててきました。収穫は、地元地域と地元市場で売っています。

担当機関に、グループ融資を申し込みました。肥料や、葉に使う液体肥料、除草のための人件費を支払うためです。作物を近代化させ、収入を増やし、家族の生活水準を改善するのが目標です。

GS San Bartolomeグループは、同じ地区に暮らし、コーヒー農業を営む3人のメンバーから成ります。今回のグループ融資は、7万レンピラで、コーヒー農園に肥料を与えるために使用する予定です。写真の左から、レミヒオ、ルイス、ルクレシオです。