Pascal

  • 原文を読む
  • この翻訳を修正する
  • t

Pascalは42才の都市部に住む難民です。父親であり、靴販売事業を営む起業家です。 2016年、祖国ブルンジから逃れ、難民としてルワンダに移住しました。 Pascalは極めてビジネス指向で、ルワンダに落ち着いて以来、革新的にビジネスを構築してきました。

Pascalは新品の靴を売買します。ほとんどはカンパラとドバイからの輸入品です。 昨年の帳簿はきちんとつけられており、売上が着実に増えていることが見て取れます。商品を十分に取り揃えておくことができれば、利幅は大きくなっていくでしょう。 彼の家族の生活は、この事業にかかっています。

AECはPascalと一年以上にわたって連携してきました。彼を人として信頼し、そのビジネス構想に賛同しています。 AECはこの融資を自信をもって支持します。