ニュースソースはこちら:
kivanews.blogspot.com/2009/06/new-kiva-feature-currency-risk.html

簡単な内容:

昨日からForeign Currency Risk という為替で生じるリスクをレンダーの私たちにもかかってくることになりました。今までの為替損はField Partner のMFI が全額まかなっていましたが、6月24日からリストされるローンに対して、20% 以上の損はレンダーがまかなうことになりました。
ただし、全FP ではない。FP は選ぶことができる。
選択肢が3つ:
Possible 可能:この場合、借り手に貸した時の為替レートと返済した時の為替レートに対して20% 以上損が発生して時、20%以上の分がレンダーの返済分から引かれます。
Covered: FP が為替損の全額まかなう。
N/A: ドル換算で取引をしているので、関係ない

どのFPがどの条件なのか?

方法が2つ:
1. 借り手のプローフィルページにAbout the loan がある。そこに Currency Exchange Loss の項目があって、Possible, Covered, N/A のどれかが表示されている。
2. チックアウトするとき、このメッセージが表示されている:
「You have selected loans that carry possible Currency Exchange Loss.
Please familiarize yourself with this new feature and consider all possible risks prior to lending with Kiva.」
あなたの選んだローンに為替損を生じる可能背があります。この新しい特徴の内容を詳しく知った上でKiva に融資するときに可能なリスクを考えてください。

Possible になっているFP をご覧になる方はこちらへ:
www.kivafriends.org/index.php?topic=3970.msg61437#msg61437

質問のある方は遠慮なくしてください。正直にいうと私自身がまだ完全に把握していないので、分からないことはKiva の Customer Service に聞きます。

 

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/18/026/index.html